クライアント企業において,取引基本契約の作成・チェックポイントについての勉強会において,講師を務めました。

今まで個別の売買契約等の締結のみがなされていた場合であっても,継続的な取引が想定される場合は,コンプライアンス体制の強化等の理由から,取引基本契約を締結する場合が増えてきたように思います。
大手企業だから,長年の取引先だから,という理由で内容を十分に確認せずに契約を締結したりしていないでしょうか。

契約書は,いざとなったときの交渉上の手がかりになるものです。したがって,内容については十分に確認して,双方にとって不利益となる条項がある場合は,修正するなどして,不測の事態に備えることが重要です。

トラブルにならないために,また,トラブルになった場合にも,思わぬ損害を受けないように,契約書の内容を確認するクセを付けましょう。